Pythonインストールの仕方をエンジニアが解説【Mac入門】

こちらの記事はMacにPythonをインストールしてみたいって方向けのものです!
なんかPython面白そう、やってみようって思ってダウンロードしてみても、
実際に始められる画面にならないですよね!

そうなんです!
プログラミングをダウンロードするだけではダメで、「テキストエディタ」というものが必要です。
ここは初心者の方が一番最初に苦労する部分でもあります。
なので調べてやらないと絶対にできません!

ただ、調べたらいろんなところで解説していて結局どうやってやるんだよ!ってなると思います。

すぐに始めたいのに〜

そう思いますよね!
ご安心ください。
こちらのページ通りに進めていくとダウンロードからプログラムを打てるところまで丁寧に教えていきます!

では、解説始めます!

Pythonのダウンロードとインストール

まずはPythonのダウンロードです!
「ダウンロード?」ってなった方はすでにわかっているかもしれないですが、実はMacにはすでに標準でPythonがインストールされているのです!

ただこちらの標準でインストールされているものだと、バージョンが古いものとなってしまい、古いものではコードの書き方が違ったりとよくありません。
そこで、最新版のインストールをしていきましょう!

インストールの流れとしては、
Homebrewをダウンロード → そのHomebrewを用いてpyenvをダウンロード → そのpyenvを用いてPythonをインストール
となります。
このpyenvを使う理由としては、今後のPythonの管理をする際に楽になるためである。

それではまず、Homebrewというものをダウンロードします。
この際、別の言語の環境構築をされたことがある場合はダウンロードされている方もいるかもしれません。
そこで確認してみましょう。

ターミナルで以下のコマンドを実行してみてください。

brew -v

「brew: command not found」とターミナルに表示された場合は、まだHomebrewの方がダウンロードされていないということになります。
「Homebrew 2.5.0」と表示されている場合はすでにダウンロードされているため、次の項目は飛ばして、その次へ進んでください。

Homebrewのインストール

Homebrewをインストールしていきます。
以下のコマンドをターミナルにコピーして実行してください。

/bin/bash -c “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)”

インストールの途中で「Enter」キーを押すことや、パスワードを入力することが求められたら押してください。
パスワードに関してはMacの普段利用しているパスワードとなります。
これは情報を抜き取られたりはしないのでご安心ください。

インストールが終わったら以下の画面となります。

ここでもう一度

brew -v

を入力してみてください。
これで「Homebrew 2.5.0」のような文字が表示されたら、正常にダウンロードができました!

pyenvのインストール/設定

では次に、pyenvのインストールをします。
こちらも元々インストールがされていないかをみていきます。

まず以下のコマンドを入力してみてください。

pyenv -v

「pyenv: command not found」とターミナルに表示された場合は、まだpyenvの方がインストールされていないということになります。
「pyenv 1.1.0」と表示されている場合はすでにインストールされているため、こちらの項目は飛ばして、その次へ進んでください!

ではpyenvをインストールしていきます。
以下のコマンドを入力してください!

brew install pyenv

以下のような画面が表示されたらインストストールができました!

インストールしたpyenvの設定を行なっていきます。
以下のコードを実行してみてください。
その際、何も表示されなくても問題ありません^^

echo $SHELL

実行結果が/bin/bashの場合、以下のコードを順番に実行してください。
それぞれの段落ごとに 「Enter」キーを押してください!

echo ‘export PYENV_ROOT=”$HOME/.pyenv”‘ >> ~/.bash_profile

echo ‘export PATH=”$PYENV_ROOT/bin:$PATH”‘ >> ~/.bash_profile

echo ‘eval “$(pyenv init -)”‘ >> ~/.bash_profile

source ~/.bash_profile

実行結果が/bin/zshの場合、以下のコードを順番に実行してください。
それぞれの段落ごとに 「Enter」キーを押してください!

echo ‘export PYENV_ROOT=”$HOME/.pyenv”‘ >> ~/.zshrc

echo ‘export PATH=”$PYENV_ROOT/bin:$PATH”‘ >> ~/.zshrc

echo ‘eval “$(pyenv init -)”‘ >> ~/.zshrc

source ~/.zshrc

これは「.bash_profile」か「.zshrc」というファイルに設定用のコードを追加しました!
ここは理解しなくても大丈夫です^^

Pythonのインストール

ではpyenvを用いてPythonのインストールをしていきます。
まず、以下のコードを入力してください。

pyenv install –list

すると以下のような画像が表示されると思います。
こちらで羅列されている「3.6.1」、「3.6.5」のような数字がインストール可能なPythonのバージョン一覧です。

今回は現在最新の「3.8.5」というバージョンをインストールしていきます。
以下のコードを実行してみてください。

pyenv install 3.8.5

以下のような画面になったらインストールが終わりました!

次に以下のコマンドを実行してみてください。

pyenv versions

ここで以下のような画面で「3.8.5」と表示されていればインストールが正常にできました。

次に、実際にMacで使用するPythonのバージョンを「3.8.5」にしましょう。
以下のコードを実行してください。

pyenv global 3.8.5

これでバージョンが「3.8.5」になりました。
以下のコードを実行すると「3.8.5」と表示されると思います。

python –version

もし「3.8.5」と表示されていない場合は、一度ターミナルの画面を消し、もう一度ターミナルを開いて上のコードを実行してみてください。
そうすると「3.8.5」と表示されます。

コードを実行しよう

では、次に実際にコードを実行していきましょう。

まずデスクトップに右クリックで新しいフォルダを作成を押し、そのフォルダ名を「python_hajimete」としてください。

次に、Pythonの実行コードを書いていくための「テキストエディタ」atomを使用します。

Atomのインストールがまだの方は下記のリンクに書いてありますので、以下のリンクからインストールを済ましてください。

Atomのインストール【Mac/Windows】

ではAtomを開いてください!
画面の左上にある「File」をクリックし、「Open…」という項目をクリックしてください。

するとフォルダを選択する画面になりますので、先ほどデスクトップに作成した「python_hajimete」というフォルダを選択してください。

次に、Atomの左上に表示されている「python_hajimete」の上で右クリックをし、「New File」を選択してください。

以下の画像のような画面となるので、ファイル名を「script.py」と入力して「Enter」キーを押してください。

では、実際にコードを入力してみましょう!
以下のコードをコピーし、script.pyの部分にペーストしてみてください。

print(‘Hello, world!’)
print(1 + 1)

ペーストが完了したらコードを保存します。
「⌘(command)」キーを押しながら「s」キーを押して保存してください。

では実際にコードを実行しましょう。
前回開いたターミナルを再度開き、以下のコマンドを順番に実行してください。

cd ~/Desktop/python_hajimete

これで「python_hajimete」というファイルが選択できたので、以下のコードを実行してください。

python script.py

すると、ターミナル上に「Hello, world!」と1+1の答えの「2」が表示されます!
これで自分のパソコンで実際にPythonのコードが実行できるようになりました。

最後に

今回はMacのPythonの初心者の方向けのインストールの仕方を説明しました!
Windowsの場合が知りたい場合はこちらから確認してください。

では楽しいPythonの世界へようこそ!

楽しんでください〜